【Privia】デジタルピアノのすごいところ【CASIO】

2022年4月13日

こんにちは。めたろんです。

 

ポテちゃん
ピアノ中級者、大人の私。夜間にもピアノを弾きたいし、作曲とか、歌ってみた動画とかも作ってみたい。

デジタルピアノを買おうかと思うんだけど、シンセサイザーの方がいいかな? どうかな?

 

こんな方に向け、デジタルピアノ利用歴10年以上の筆者が、その便利ポイントをお伝えします。

 

私の愛用デジタルピアノについて

Privia PX-310 です。

Priviaシリーズは今も販売されているようです。

はぴコーン
長く人気のあるデジタルピアノなんだね。

 

私が実感する、デジタルピアノの魅力、便利機能はこんな感じです。

デジタルピアノのすごいところ

  • 色々な音色が使える!
  • 演奏を録音できる!
  • キーのトランスポーズ(移調)が簡単にできる!
  • MIDI鍵盤をつないだり、外部レコーダーにライン録音できる!

詳しく説明しますね!

 

 

Privia】デジタルピアノのすごいところ【CASIO

※この記事で紹介している機能はPrivia PX-310のものです。メーカーや機種によって機能には差異があるのでご注意ください。

 

色々な音色が使える!

ピアノだけでもグランドピアノやエレキピアノ、オルガンなどが選べます。

(私は正直使いこなしていませんが)ドラム音やストリングス、ギターなど基本的な楽器や効果音の全てをカバーしていてすごいです。

 

演奏を録音できる!

ボタンひとつで演奏をピアノ本体に録音できるので、後で聞き直すことはもちろん、外部MTR(マルチトラックレコーダー)にアウトプットして、後からボーカルを重ねる、なんてこともできます。

また、私の使っているデジタルピアノは2トラック録音ができるので、リズム(ドラム)の上にピアノの演奏を重ねて録音、といったことができます。

シンセサイザーが手にあまる、という人も、デジタルピアノだともうすこし気軽に「曲作り」を楽しめます。

 

キーのトランスポーズ(移調)が簡単にできる!

これは隠れた便利機能です。

インターネット等で見つけられる人気曲のコード譜などは、簡単に演奏できるように、#(シャープ)や♭(フラット)の少ないキーで記載されていることが多いですが、原曲と違っていることもあります。

そういう場合、演奏は簡単なキーで行い、発する音だけキーを変える(移調する)といった使い方ができます。

 

ピアノ伴奏を行うときなど、歌う人の声の高さに合わせて簡単にキーを変えられるのでとても便利です。

 

 

MIDI鍵盤をつないだり、外部レコーダーにライン録音できる!

これはデジタル楽器のすごくいいところ。アウトプット端子やインプット端子を通して、PCを接続したり、外部機器に録音することができます。

PC接続時には、デジタルピアノを(ガレッジバンドなど)作曲アプリの入力用鍵盤として使うこともできます。

私は、デジタルピアノで録音した伴奏をMTRにアウトプット(ライン録音)し、そこに歌を重ねて録音し「歌ってみた動画」をYouTubeに投稿したりして楽しんでいます。

 

ライン録音について

デジタルピアノのアウトプット端子と外部レコーディング機器のインプット端子を有線でつなぐことで、雑音が入らずきれいに録音できます。

 

めたろん
調子にのっていろいろ語ってしまいましたが、アコースティックのピアノに比べ「演奏」以外に「録音」や「各種設定」など出来ることが拡張され楽しみを広げてくれるのがデジタルピアノの魅力です。

 

 

 

おまけ:デジタルピアノで曲作りはできる??

私の実感としては、以下のような人ならば(シンセサイザーがなくても)デジタルピアノで曲作りはできます!

  • ピアノのコード弾きができる
  • 作る曲は基本、ピアノ弾き語りでOK

 

めたろん
もちろん、ちゃんと使いこなせば、リズムやベース音を使って本格的な曲を作ることもできそうですよ

 

まとめ

デジタルピアノのすごいところ

  • 色々な音色が使える!
  • 演奏を録音できる!
  • キーのトランスポーズ(移調)が簡単にできる!
  • MIDI鍵盤をつないだり、外部レコーダーにライン録音できる!

 

いかがですか?

ピアノが好きで、曲作りや発信に興味のある人には、デジタルピアノは強い味方になってくれます。

読んでいただき、ありがとうございました(^^)/

 

-ブログ, レビュー